畜生座

糞のような人間の糞のような人生


2019開幕戦、矢野阪神初陣勝利

とても久しぶりの更新ですね。


2019年のプロ野球公式戦が始まりました。
勝ちましたね!サヨナラ勝ち!
矢野監督初勝利おめでとう!

僕は1-0でリードされていた5回くらいからテレビ中継で見ていて
最初はなんとか頑張って投げてるメッセンジャーに援護してあげてくれ、と
思って見ていたのだけれど、新人で注目選手の木浪がショートのエラーで出塁した後、
近本がすばらしいタイムリースリーベースを打ったりしてなんとか同点にして
メッセから代わった中継ぎ陣もピンチはあったけれど、しっかり抑えて
「おぉ、頑張ってるなぁ。ええやん。ええやん。」と思った。
梅ちゃんバズーカも見れたし。

でも延長になってから地上波の中継が終了してしまって肝心の勝利の瞬間が見れなかった。
ここからはスマホでスポーツナビの一球速報で見ていた。
鳥谷がフェンス直撃のスリーベースヒットを打った後、暴投でサヨナラだったんですね。
いいなぁ。最後まで動く映像で見たかったなぁ。



今年の阪神はどこの予想でも、あまり良い評価ではなく、まぁ、僕自身も
戦力的には厳しい部分(特に打力)が多いと思うのだけれども、
勝ったら勝ったで、しかも開幕戦ってなんか特別感あるから、尚更、気持ちが
大きくなってしまって、結構いけるんちゃうか感が出てきてしまう。

もちろん現実はそんなに甘いものではないんだろうけれど
ルーキー1,2番達は頑張っているし、ベテラン鳥谷も活躍してくれた。
ショートスタメンを狙う鳥谷本人としては不本意かもしれないが
僕的には経験を生かして、このまま「代打の神様」的ポジションになってくれれば
さらに存在感は上がると思うし、助っ人なのに中途半端な打者だなぁ、と
思っていたナバーロも今年は長打力が上がっていて、
打ち上げて外野定位置くらいかなと思っていた打球がフェンス直撃の
ツーベースヒットになったりしていて、みんなこの調子で頑張ってくれれば
面白い年になりそうな気はする。頑張ってくれれば、ね。


とりあえず今年は、矢野監督就任一年目と言う事なので、あまりグチグチ文句を
言わず優しく見守ろうかなと思っています。

ホームで連敗しまくっても、文句はなるべく言わない。悲しむけれど。
でも、先発投手が頑張って投げてるのに全然援護が無いような状況だと僕は
打線、或いは打撃コーチにボロカスに文句を言ってしまう。これもなるべく頑張って控える。


僕が矢野監督に期待したい事は、スタメンは金本みたいにコロコロ変えずに
じっくり行ってほしいなって思う。勝ってても、負け続けても。
僕は真剣に見ちゃうから、「去年最下位なんだから気楽にやれ」とまでは
楽観視できないんだけれど、阪神タイガースの
未来に繋がる一年にしてくれればいいな、と思う。


熱さを感じた良い試合だったよ。
まぁ、それはサヨナラ勝ちしたからか。
やっぱ結果って大事やね。
関連記事
スポンサーサイト



| 野球 | 00:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

金本監督辞任と僕が思うこと

金本監督が今季限りで阪神タイガースの監督を退任することが明らかになった。

テレビの報道ニュースでは阪神ファンへのインタビューで
「もう少し頑張って欲しかった」と言う人や
「金本監督は悪くない、悪いのは打たない選手だ」という声が多かった印象だけれど、
この人達は本当にリアルタイムで采配を見ていていてこんな事を言っているのだろうか?
片岡の的外れな指導を知っていてこんな事を言っているのだろうか?
僕はまったくそうは思わないし、そんな事が言えるのは真剣に試合を見ていないのだと思う。
って、今年早々に諦めて真剣に見ていなかった僕が言っても何の説得力もないのだが。


でも、そんな僕でもはっきりと駄目だと分かる部分もある。
今年は6~7割くらいしか見てないけれど
去年、一昨年はしっかり見ているしね。


まずはやはり、就任時に監督が掲げていた目標である
「3年で優勝争いできる戦力に育成する」
「打撃面の改革、和製大砲を育てる」
「走塁などの野球意識の改革」
これらがすべて達成できなかった事。
去年の中谷の20本は良かったんだけれど、中谷をはじめ、どの選手も
1年のブレイクで終わってしまっている。


そして采配の悪さ。
打線、守備を毎日コロコロ変える事、謎バント、申告スクイズ、謎代打
謎代走、贔屓起用、守備軽視、少し思いつくだけでもかなりある。
そしてこれらは一年目からまったくの進歩がない。

そして負けた時のコメントの無責任さ。いつも他人事である。
「今日は相手の投手がよかったから打てなかった」
○○選手を起用しましたが結果が出ませんでしたね。の答えはいつも
「本人に聞いてください」
そして打線が大爆発したら急変して
「片岡打撃コーチの指導のおかげですね」になる。
無能片岡をなぜここまで庇うかも理解に苦しんだし
僕としては若手育成が主体の体制なのだから
もう少し若手を奮起させる熱のあるコメントが欲しかった。


けれど、複数年契約を結びながらも、最下位という結果を見て
きっちり辞任したのは良かったと思う。


恐らく監督が代わり、次の体制に移行しても今の阪神では厳しいだろう。
Bクラス、いや、また最下位でも何もおかしくない。
そんな悲しい状態だけれど、時計の針は戻せるものではないし、
少しずつでも前に進んでいくしかないしかないんですよね。


次の監督は誰になるのだろう?
誰がやるにしても大変なのは間違いないね。



なんか批判ばかりになったけれど、金本監督の良かった部分だってあるので
せっかくなのでそれは金本監督の就任が決まった頃あたりからの
僕のブログの記事を振り返り、僕が当時、どういう思いで金本監督を
期待していたか、或いは、幻滅したか、などを後日まとめて書けたらいいな、と思っています。
関連記事

| 野球 | 21:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

最下位

阪神最下位確定しちゃったね。
しゃーないよ。弱いもん。

まあ僕は今年はかなり早い段階で「あ、これあかんわ」って思って
諦めてしまっていたのだけれど。
でも始まる前は、「ここ3年で一番強い」と言っていた金本監督と同じく
すごい期待していたのも事実。
でも始まって見るとやっぱり何も変わってなかった。
ロサリオが当らなかったからとかいう問題でもない。
色んな課題が多すぎた。金本の采配にもまったく進歩がない。
どうにもならんと思った。


僕は今年、甲子園に観戦に行ったのは一度だけである。
それは交流戦直前の巨人戦だった。
その試合は大勝した。
あのカードが、今年甲子園ではかなり希少な3連勝になってしまったね。
希少っていうか唯一なんだっけ?よく覚えていない。


ここまで弱いともはや怒る気にもなれず、呆れや自虐ばかりしてしまうね。
来年も金本監督が続投の気配ですが、もうこんな状態になったら
「絶対優勝しろ」とか「生え抜き長距離打者並べろ」とかそんな無茶な注文しないよ。
とにかく「甲子園を活かして勝てる野球」を目指してほしい。
ここまでホームで弱いのは情けない。
お粗末な守備を見せられるのは恥ずかしい。


ベテランも衰えてきているし、来年はさらに厳しい戦いになりそうだが
この最下位確定でしっかり切り替えて来年を見据えて準備していかなければいけないね。



最下位確定…金本阪神に糾弾の嵐 谷本本部長は続投明言
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6299433
関連記事

| 野球 | 12:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑